INFO 現在土曜日と平日4時以降の予約が大変混みあっております。患者様には、予約が2~3週間先となりご迷惑をおかけしております。
しばらくの間、土曜日と平日16時以降の時間帯での新規の患者様の受付を制限しております。(当院かかりつけの患者様、ご家族、お知り合いの紹介の方、矯正治療、定期健診、クリーニングの患者様は、土曜日、平日4時以降も受付しております。)
皆様にはご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

ブリッジと入れ歯とインプラントの違い

川越の歯医者には毎日のように虫歯や歯周病の治療で通院されている方がいらっしゃいますが、最悪の場合には抜歯という結果になることもあります。川越の歯医者に限らず抜歯をした後には当然そのまま放置する訳にはいかないので、インプラントや入れ歯などの治療が行われます。川越の歯医者では基本的に抜歯後の治療方針としてはインプラント・入れ歯・ブリッジを選択する事になりますが、特殊なケースで無い限りはそのどれもが患者によって選択が可能なので迷われる方も多いでしょう。
そこで、この記事では抜歯後に行うインプラント・入れ歯・ブリッジの違いについて解説していきます。
まず多くの方を悩ませるのが費用です。基本的に抜歯後の治療は医療目的なので健康保険を適用する事が可能なのですが、インプラントは自由診療という扱いになるので自己負担が100%になってしまいます。これはごく例外的にインプラントが治療のために必須であると判断されれば保険料が下りることもあるのですが、基本的には美容整形などと同じく自由診療の区分になります。
そのためインプラントを諦め入れ歯やブリッジを選択する方が多いのですが、川越の歯医者の相場ではインプラントが一本あたり30万円程度なのに対し、保険適用がなされる入れ歯では一本あたり1万円前後と大きく異なります。こうした費用面ではインプラントが圧倒的に不利ですが、それでも川越の歯医者で治療をする少なくない方がインプラントを選択するにはインプラントのメリットもあるからです。
インプラント・入れ歯・ブリッジの大きな違いは咀嚼力です。インプラントやブリッジはほぼ健常な方と違わぬ咀嚼力まで回復出来るのですが、入れ歯の場合には健常な方の咀嚼力の50%まで低下すると言われているので、若い方などは特に敬遠されます。また審美性もインプラントとその他の治療では大きな違いの一つです。川越市内にはインプラントの治療を行える歯医者がいくつかありますが、インプラントは通常の歯科治療の範囲を大きく飛び越えるので、その絶対数はそれほど多いものではありません。
インプラントは入れ歯やブリッジとは根本的に異なり、外科手術に近い治療が施されます。そのため高度な技術と長期の治療期間が必要なのですが
その分審美性に優れ、ほぼ健常な歯と見分けがつかないほどに綺麗な仕上がりになります。
このように川越だけでなく全国の歯医者でインプラントは選択されていますが、そのメリットとデメリットをしっかりと理解しておく必要があります。川越にはインプラントの治療を行える歯医者も入れ歯・ブリッジを行える歯医者も両方あるので、ぜひ最寄りのクリニックで診療を受けて下さい。