ラクトバチラス菌が口腔内に与える影響

「虫歯菌」という言葉はよく耳にしますが、それが一体何なのかご存知の方は少ないでしょう。川越の歯医者にも多くの患者さんが虫歯の治療に訪れます。虫歯は虫歯菌により発生しますので、虫歯菌のない方には虫歯は出来ません。その虫歯菌は、大きく分けると2種類の菌に分けられます。1つはミュータンス菌ともう1つはラクトバチラス菌です。 ミュータンス菌は、だ液から感染するもので、同じお箸や、スプーンなどを使用することで感染するケースがみられます。ミュータンス菌は、口の中に一度入り込むと、完全に取り除くことが困難になります。そして、そのミュータンス菌は、口の中で酸を作り出し、歯を溶かしていき、虫歯の原因を作っていきます。 ラクトバチラス菌は食物に含まれています。炭水化物や砂糖にも含まれていますが、乳酸菌飲料などに多く含まれています。口臭予防のタブレットなどにも入っている場合多い物ですが、このラクトバチラス菌こそが、ミュータンス菌が溶かした歯を虫歯にしてしまうのです。 ミュータンス菌とラクトバチラス菌は虫歯菌ですが、除菌方法が異なります。それぞれの菌に合わせてケアをすれば、虫歯を予防する事ができます。 ミュータンス菌を減らすには、フッ素とキシリトールが有効になります。フッ素には3種類あり、その中の「フッ化第一スズ」というのがとても有効です。また、キシリトールには、ミュータンス菌の働きを弱める効果があります。歯磨き粉で、「フッ素」や「キシリトール」を含んでいる製品がありますので、それを使用するといいでしょう。歯医者でも、とてもいい歯磨き粉をご紹介しています。 次にラクトバチラス菌ですが、ラクトバチラス菌を減らす方法は3通りあります。1つ目は、糖分の多い食品をなるべく避ける事です。健康上、糖質は大切な栄養素になりますが、食事時間以外に、だらだらとお菓子などを食べていると口内は酸化していきます。歯医者でも、よく注意を促していることです。2つ目は、1日に1回は必ず丁寧に歯を磨く事です。もちろん、毎食後に磨く事が大切ですが、その全ての歯磨きで隅々まで磨くのはとても大変な事です。ですので、食後の歯磨きを習慣とする中で、そのうちの1回を、フロスや歯間ブラシなどを利用して、隅々磨くといいでしょう。歯医者で歯磨き指導を受けた事のない方は、歯医者の歯磨き指導を受ける事をお勧めします。3つ目は、菌の居場所をなくす事です。ラクトバチラス菌は、凸凹した所や、穴、隙間などに付着して繁殖します。特に虫歯の穴や、歯医者で治療した被せ物、詰め物の部分に住み着いてしまうものです。被せ物や詰め物には寿命がありますので、合わなくなったら歯医者に治療に行きましょう。気を付けていれば、ラクトバチラス菌はほとんどいなくなるでしょう。予防をしっかりして、歯医者にも定期検診に行きましょう。