インプラント治療

インプラント治療インプラント治療とは、主に歯周病やむし歯などで歯を失ってしまった場合に行う処置のひとつです。一般的に歯を失ってしまった場合、インプラント、入れ歯、ブリッジという治療がありますが、インプラントは元々歯が生えていた部分に人工の根を埋めて、さらにその上に人工の歯をかぶせるものです。

これまでの歯科治療では歯を失ってしまった場合、入れ歯をするのが一般的でしたが数十年前より、日本においてもインプラントが普及してきたことで、もう一度歯があった頃の喜びを感じることができるようになりました。

 

また、最近ではインプラント治療の危険性も指摘されておりますが、きちんと事前の検査を行い、難解な症例を無理に行うことをしなければ安全な治療といえます。

インプラント治療後も定期的なメインテナンスを行うことで、より長持ちして使えるようになります。まずが一度、ご相談下さい。

1本の歯が欠けている場合

1本の歯が欠けている場合

数本の歯が欠けている場合

数本の歯が欠けている場合

インプラント治療の流れ

01 調査インプラント治療に必要となる検査を行います。歯科用レントゲン、CTを使用して患者様ごとにインプラント治療が可能を判断していきます。

 

矢印

 

02 埋込手術埋込手術歯の根っこ部分に、人工の骨を埋めていきます。手術時間は、埋める本数によっても大幅に変化しますが、60分ほど見ていただければ良いでしょう。

 

矢印

 

 

03 装着装着埋入手術を行ってから約2ヶ月後、以前埋めた人工の骨に歯をかぶせていきます。

 

 

 

04 メンテナンス

メインテナンス インプラント治療の場合、一般治療のときよりも定期的なメインテナンスを行う必要があります。治療後に問題が起きないようにメインテナンスで状況を確認しましょう。

インプラント治療の料金

インプラント費用