できるだけ削らない・抜かない治療


MI治療 ~なるべく削らない治療~

当院では、患者さんの歯をできるだけ削らない治療を推進しています。

MI治療とは

施術風景MIとは、ミニマル・インターベンションの略で、削る量をできるだけ最小限にし、天然の歯をできる限り残すための治療法です。

これまでの歯科の常識では、むし歯になっている部分を残さないために周辺部までしっかりと削ることが正しいとされてきました。しかし、このやり方の場合、削れる量が限られている「歯」の部分が少なくなってしまい、より早くに神経まで達してしまうというマイナスのことも考えなくてはいけませんでした。

ファミリエ歯科の考えるMI治療

施術台私たちが歯科医師として最も大事に考えることは患者さんの歯をできるだけ長く健康に保つことです。その原点に立ち返ると、やはり歯を削ること自体をできるだけ避けたいということと、もし削るなら必要最低限に留めたいと考えています。

そもそも削ること、つまりむし歯になる前にしっかりと予防をしていくことが最も重要で、もし削ることになった場合は必要最低限にすること、治療後はしっかりとメインテナンスに通うことが大事なことだと考えています。

MI治療のメリット

MIには以下のように良いことが多くあります。

できるだけご自身の天然歯を残すことができます
神経に達する前に治療ができます
むし歯が小さいうちに治療をするため、精神的にも負担が少ないです
小さな詰め物で済む場合が多いです
小さな詰め物であれば、むし歯になりづらい自費治療で行っても金銭的に負担が少ないです