予防歯科

リタイヤ前にやっておけば良かった・・・と後悔した事

60歳未満VS70歳以上 健康への関心がこんなに違う 

55~59歳

ほとんどの方の悩みが体の衰えを感じているということが分かる。
特に、1位、2位、5位はそれに該当するものと思われる。

70~74歳

口腔内の異常が顕在化するのがこの年代の多くであることから、体の衰えのみならず、歯に対する悩みが深刻化していることがわかる。

また、口腔内の悩みだけではなく、病気に関する悩みも増えていることがわかるが、一方で口腔内と病気の関連性も無視できない。

日本人の高齢者の7割程度が入れ歯に頼っているという事実を皆様はご存知でしょうか。もともと永久歯が28本あるわけですが、80歳にもなると、10本程度しか残っていないということが入れ歯依存の主な原因なのです。

しかし海外の方のデータは違います。たとえば、アメリカでは80歳の年齢のときに残っている歯の本数は17本程度。北欧であれば、20本以上とも言われています。

なぜこのような違いが出るのでしょか。

それは歯医者に対する価値観の差に他なりません。

私たち日本人の感覚として、定期的に歯のメインテナンス(予防)に通うことはあまり一般的ではありませんが、欧米人の場合それが習慣として行われています。

そのため、日々のブラッシングなどでは落ちない汚れを定期的に落とすことで歯が長持ちしたり、むし歯が見つかっても小さいうちに処理することができるのです。

先進国の70歳残存歯数

そのため、ファミリエ歯科では定期的に歯のメインテナンスに通っていただくことをおすすめしています。

既出の通り、歯の健康とからだの健康は少なからず相関があるという風にも言われています。体の健康には人一倍気を使う方でも、歯の健康に人一倍気を使う方はまだまだ少ないようです。

各国の定期健診・クリーニングを受けている人の割合
メンテナンスはとっても大切 そろそろ始めませんか?…予防歯科

“入れ歯”を入れることはとても非現実的なことと認 識されています。入れ歯にならなくていいようにす るには、メンテナンス(お口の中の定期的な診査・ 掃除)をする必要があります。 しかし、日本人は約2%程度の人しか、メンテナン スを心がけていないそうです。 対して80%以上の人が普段からお口のメンテナンス を心がけているのが、歯科先進国スウェーデンやア メリカです。

 

当院では、患者さんごとに適切なメインテナンスの期間を設定し、ご提案をさせていただいております。できるだけ歯を長持ちさせたいとお考えであれば、メインテナンスはやはり欠かせないほど大事なものなのです。