INFO 現在土曜日と平日4時以降の予約が大変混みあっております。患者様には、予約が2~3週間先となりご迷惑をおかけしております。
しばらくの間、土曜日と平日16時以降の時間帯での新規の患者様の受付を制限しております。(当院かかりつけの患者様、ご家族、お知り合いの紹介の方、矯正治療、定期健診、クリーニングの患者様は、土曜日、平日4時以降も受付しております。)
皆様にはご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

歯周病と医療費の関係

予防歯科は川越の歯医者などでも広く浸透しクリニックで行われ、歯医者でのケアだけでなく、自宅で行うセルフケアまで徹底して指導改善がなされています。こうした予防歯科は川越で始まったという訳ではなく、元はスウェーデンなどの医学先進国で開始されました。従来の虫歯になっては歯を削るという不可逆的な歯科治療から、事前のケア・予防歯科によってそもそも虫歯にならない歯を作ろうという考え方です。
こうした考え方は遠く離れた日本の川越の歯医者でも広まり、多くの歯医者が患者に対して指導を行っています。2000年以降から徐々に川越など日本の歯医者でも根付いてきたこれらの運動ですが、2013年に興味深いデータが公表されました。それは歯科予防プログラムの費用便益分析というもので、歯周病予防と医療費に関する統計を取ったものです。これだけでは分からないので詳しく見て行きましょう。
予防歯科には当然定期健診や歯磨きなどの自宅のセルフケアの指導など多少なりとも費用が必要になります。川越などの歯医者でもこうした予防歯科で定期的に健診に訪れている方は大勢いらっしゃいますが、もちろん無料ではなく個人レベルの医療費も国の医療費負担というレベルでも当然コストが発生します。
こうしたコストは国民の健康を維持する上での必須な投資となりますが、ある企業の歯科診療室で社員の健康促進や労働効率の増進といった事を目的に予防歯科に取り組みました。予防歯科では歯周病予防のためのセルフケアやデンタルフロスや歯間ブラシの使用の徹底など川越の歯医者でも行われる一般的な予防歯科ですが、これらを行って結果ある興味深いデータが見られたのです。
当然先ほども述べたように、社員の健康に対する投資であるこうした予防歯科への費用は企業にとってはコストにしかなりませんでした。しかし、長年ずっとコストが上回っていたこれらの予防歯科のコストが、医療費の負担額との損益分岐点を突破しプラスに転じたのです。つまり年間の医療費負担で見ると、予防歯科にコストをかけたほうが医療費負担が大幅に抑制され企業にとっても大きなメリットがあることがわかったのです。
このように予防歯科では健康維持や歯の健康寿命の増進などといった個人レベルのメリットだけでなく、医療費負担の削減など国家予算レベルの大きな意味を持つことがわかったのです。このように最近では川越の歯医者でも多くのクリニックで予防歯科への関心が高まっています。大きな川越駅などの歯医者でも本格的に予防歯科に取り組んでいる所も多いので、ぜひ一度健診に行ってみて下さい。