マイナス1歳からのむし歯予防について

 子どもが虫歯になりやすいか、虫歯になりにくいかは、2歳半頃までに決まってしまうといわれています。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はいません。子どものむし歯は母子感染を原因とする場合が多いといわれ、生後、母親の唾液などでミュータンス菌が子どもに感染し、子どもが虫歯になるといわれています。虫歯菌が感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月から2歳7ヶ月の間といわれています。この時期に虫歯菌に感染した赤ちゃんはその後虫歯になりやすいといわれています。つまり、一生の虫歯リスクが2歳半までに決まってしまうのです。そこで、赤ちゃんがお腹の中にいる妊娠期のお母さんの口内ミュータンス菌をできるだけ少なくすることで、赤ちゃんの将来のむし歯予防を行おうという考え方がマイナス1歳からのむし歯予防です。
 川越のファミリエ歯科クリニックは西武新宿線の南大塚駅から徒歩で約10分のところにある歯医者さんです。歯医者さんへは車でのアクセスも便利です。川越のファミリエ歯科クリニックは川越インターを降りるとすぐの場所にあります。川越の歯医者さんでは歯の定期検診を未来の健康への備えと考えています。妊娠中のお母さんも含め、体の健康には人一倍気を使う人でも、歯の健康に気を使う方はまだまだ少ないようで、ファミリエ歯科では定期的な歯のメインテナンス検査が行われています。子どもが生まれた後しばらくの間は、お母さんは歯医者さんで治療を受けるのもたいへんになりますので、この時期に歯医者さんで歯をケアすることは、将来の子どもへのミュータンス菌の感染予防という点だけでなく、お母さん自身の産後の歯の健康という点でもとても重要です。
 子どもが虫歯になりやすいか、虫歯になりにくいかは、2歳半頃までに決まるといわれています。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はいません。虫歯菌が感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月から2歳7ヶ月の間といわれています。この時期に子どもが虫歯菌に感染しないよう、マイナス1歳からのむし歯予防の取組はお母さんだけでなく赤ちゃんの将来の虫歯リスクを低くしようという取組です。
 川越のファミリエ歯科クリニックでは歯の定期検診を未来の健康への備えと捉え、妊娠中のお母さんも含め、予防的視点で歯の定期検査を行っている歯医者さんです。歯医者さんでの虫歯や歯周病治療は患者の視点に立って行われています。川越のファミリエ歯科クリニックは将来の虫歯予防のための予防歯科を行っている川越の歯医者さんです。