歯ぎしりの対策について

就寝中は自身の事が見えないですし、歯ぎしりを行っている事は解らないものですから、周りに指摘されて初めて気がつくというパターンが多くなります。

仮に知人や家族が歯ぎしりを行っている場合は、指摘して治療を促す事が必要であり、この歯ぎしりというものは単純に歯と歯がこすれて音がうるさいという問題だけではなく、歯に対して大きな負担をかける事にもなります。

歯ぎしり時には約150キロもの力が加わると言われており、一緒に眠っている人が居れば音で迷惑にもなりますし、歯が擦り合わさる事によって段々と減っていく事にもなり、ダメージが蓄積していけば折れる事もありえます。

むし歯や歯周病、様々な歯の病気になるリスクも高まりますし、歯医者で虫歯治療等を行っていて詰め物を行っている方は、歯ぎしりだけでも詰め物が取れてしまう事もあり、結果的にむし歯悪化や新しいむし歯に繋がる事もあります。

さらに歯を支えている土台である顎関節にも負担をかけたり、そこから顎関節症等になれば口の開閉だけでも痛みがあったり、開ける事が出来なくなる事にもなりますから、初期段階で歯医者等で治療を行う事が必要です。

原因として考えられる要素として、ストレス、歯並びによる噛み合わせ、逆流性食道炎のリスクによるもの等がありますが、最も多いパターンはストレスであり、ストレス発散を歯ぎしりで自然と発散させている事です。

歯の噛み合わせも大きな原因であり、歯ぎしりから歯並びが乱れたり、歯並びが乱れる事で噛み合わせ時にストレスがかかってしまい、結果的に歯ぎしりにもなります。

噛み合わせの治療を歯医者で行う事は歯ぎしり対策にも有効であり、健康全般にも関わりますから、歯医者で相談して矯正治療を行う事も出来ますし、最近では大人になってからでも効果的に矯正が出来るようになっています。

川越には矯正治療出来る歯医者も多く、ファミリエ歯科クリニックでは矯正治療や一般歯科、小児歯科、口腔外科、審美歯科等のあらゆる口腔内の悩みに対応してくれますから、川越の周辺の方はこうした歯医者に診察してもらうと良いですし、歯ぎしり対策時にも有効です。

他にも胃が原因の場合はもあり、逆流性食道炎に陥っている可能性もあり、胃酸逆流から口腔内が酸性になると、体が中性にする為に唾液分泌を起こしたり歯ぎしりを起こすリスクがあると知られています。

このタイプのものは炎症緩和で治療出来ますから、早く治す事も可能なタイプであります。

対策では矯正治療の他、マウスピースを歯医者で作ってもらって治す事も出来ますし、マウスピースで歯ぎしりを強制的に止める効果があり、歯並びを乱さなくても良いです。

いずれにしてもストレスが大きな原因になっている事が多いですから、ストレス発散を行う事は重要になります。