INFO 現在土曜日と平日4時以降の予約が大変混みあっております。患者様には、予約が2~3週間先となりご迷惑をおかけしております。
しばらくの間、土曜日と平日16時以降の時間帯での新規の患者様の受付を制限しております。(当院かかりつけの患者様、ご家族、お知り合いの紹介の方、矯正治療、定期健診、クリーニングの患者様は、土曜日、平日4時以降も受付しております。)
皆様にはご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

インプラントの寿命について

 インプラントは高い治療法なので、歯医者でインプラント治療をする前に悩む方が多いでしょう。ですが、インプラントの寿命は長く、歯医者で適切なメンテナンスを行うことで長持ちさせることができ、残った歯の寿命を延ばすことも可能だと考えられています。歯医者の治療に多い入れ歯やブリッジは寿命が短く、他の健康な歯にダメージを与える事があります。インプラントは本物の歯のように美しく、食べ物をしっかり噛めます。そして、インプラントの寿命はとても長く、インプラントメーカーにより長期の保証が付いているのも魅力的です。きちん歯医者でメンテナンスをしていれば、10年以上使い続けることができるそうです。なぜ寿命が10年になるかと言うと、インプラントの寿命に関するデータはまだ十分ではなく、何十年もインプラントをしている方はまだ少ないです。なので、今の時点では10年だとされています。中には、歯医者でインプラント治療をしてから、亡くなるまでの40年間使用していた方もいらっしゃいます。インプラントは「第二の永久歯」とも言われ、歯医者でメンテナンスさえしていれば、寿命は半永久的だとされています。それに加え、インプラントは、ブリッジや入れ歯のように他の歯に負担をかけません。なので、他の残った歯も守られることになります。
ですが、インプラント治療では、ごくたまにトラブルが生じることもあります。インプラントが骨とうまく結合しなかったり、インプラントが抜けたり、装着した人工歯が破損したりなどです。そのために、インプラント治療を受ける前には、歯医者に保険内容を確認する事をおすすめします。インプラント治療で失敗する原因に、メンテナンス不足が挙げられます。メンテナンス不足により、インプラントに菌が感染し、インプラント周囲炎(インプラント周囲粘膜炎)を起こす事があります。インプラント周囲炎はインプラントの歯周病ですが、これは、メンテナンス不足によりプラークや歯石が付着したままになる事が、歯周病の原因になるものです。そして、それがインプラントのグラつきや、抜け落ちる原因になります。また、インプラント周囲炎は自覚症状が少なく、歯周病よりも進行が速くなります。なので、気付いた頃には手遅れになっている場合もあります。そのようにならないためにも、歯医者でメンテナンスをしっかり受けることが大切です。川越には多くの歯医者が点在しますが、その中でもファミリエ歯科クリニックは設備が整っていて、最新の治療が受けられます。インプラントについても、ご相談するといいでしょう。