INFO 現在土曜日と平日4時以降の予約が大変混みあっております。患者様には、予約が2~3週間先となりご迷惑をおかけしております。
しばらくの間、土曜日と平日16時以降の時間帯での新規の患者様の受付を制限しております。(当院かかりつけの患者様、ご家族、お知り合いの紹介の方、矯正治療、定期健診、クリーニングの患者様は、土曜日、平日4時以降も受付しております。)
皆様にはご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

つめ物やかぶせ物の寿命について

 歯医者で虫歯の治療をすると、たいてい詰め物や被せ物をします。ですが、詰め物や被せ物の寿命は永遠ではありません。歯医者での治療法や材質により、寿命は様々です。なので、詰め物と被せ物の寿命について、それぞれご説明します。
 歯医者で使用する詰め物・被せ物には、インレータイプ(部分的にはめ込むタイプ)とクラウンタイプ(全体的に被せるタイプ)があります。その種類は材質により、パラジウム合金、白金加金(ゴールドとプラチナの合金)、オールセラミック(エンプレス)、ハイブリットセラミック(エステニア)、ダイレクトボンディング(前歯部シュープリーム/臼歯部プレミス)があります。パラジウム合金は、よく歯医者で使用される保険適応の金属です。金銀パラジウム合金を使用して作られたもので、寿命は7年とされています。白金加金は貴金属を使用した被せ物で、寿命は10年です。オールセラミックは金属を一切使わず、全体がセラミックでできている詰め物です。寿命は10年です。ハイブリットセラミックは、セラミックとレジンを混ぜた素材で作られた、金属を使用しない被せ物です。寿命は5年です。ダイレクトボンディングは最新の治療方法です。歯をほとんど削らず、歯と同じ色の材料を詰めていくので、傷跡がほとんど残りません。1回の通院で治療が完了します。寿命は3年と、とても短いです。
 クラウンタイプには前歯用と奥歯用がありますが、前歯用の種類は、レジン前装鋳造冠と、オールセラミック(プロセラ)、ハイブリットセラミック(陶材焼付け鋳造冠)、メタルボンド(陶材焼付け鋳造冠)があります。レジン前装鋳造冠は、歯医者でよく使われる保険適応のかぶせ物です。中身は金属で、見える部分にのみレジンを貼り付けて作られたものです。寿命は2年です。オールセラミックの特徴はインレータイプと同じで、寿命は10年です。ハイブリットセラミックの特徴もインレータイプと同じで、寿命は5年です。メタルボンドは、中身は金属を使用し、見える部分にのみセラミックを焼き付けて作られたかぶせ物です。寿命は7年です。
 次に、クラウンタイプの奥歯用についてですが、パラジウム合金、白金加金、オールセラミック、(プロセラ)、メタルボンド(陶材焼付け鋳造冠)、ハイブリットセラミック(エステニア)があります。歯医者でよく使われるのはパラジウム合金で、保険適用の金属です。特徴はインレータイプと同じで、寿命は2年です。白金加金の特徴もインレータイプと同じで、寿命は10年です。オールセラミック、ハイブリットセラミックも特徴はインレータイプと同じで、寿命はそれぞれ10年、5年となります。どの治療法も、ほとんどの歯医者で受ける事が可能です。
 また、人間の細胞はだいたい7年で入れかわる事から、どれほどいい素材を使用しても、寿命は最大7年だとする説もあります。金属アレルギーの方は治療に金属が使用できないため、セラミックやダイレクトボンディングによる治療になります。川越市にあるファミリエ歯科クリニックでは、最先端の治療を受ける事ができます。治療法や金属アレルギーでお悩みの方は、こちらの歯医者で受診するといいでしょう。